複数の借り入れから多重債務に陥ってしまっても、借金問題の専門家があなたを助けてくれます。
債務整理する手続きには任意整理や自己破産、個人再生、特定調停などがありそれぞれメリット・デメリットがあります。
任意整理では将来利息がカットされる、原則3年で返済できる目処が立つなどのメリットがあります。
その代わりに自己破産や個人再生と比べて債務を減額させる効果が少ない、任意整理手続きに応じてくれない場合があるデメリットがあります。
個人再生では債務を減額させる効果が大きい、マイホームを残したまま手続きができる、ギャンブルや浪費が原因でも手続きできるなどのメリットがあります。
その代わりに返済を継続するための収入がないと手続きができない、「官報」に住所氏名が記載されることがあるなどのデメリットがあります。
自己破産は裁判所で支払いが不可能と認められると、すべての債務が免除されるメリットがあります。
その代わりにマイホームや99万円以上の現金、20万円以上の預金など一定以上の財産は差し押さえとなってしまう、家族が住む場所を失ってしまう、連帯保証人にも迷惑がかかるなどのデメリットがあります。
どの手続き方法が良いのか分らなくても、専門家があなたの債務の状況に最適な手続き方法をご提案しています。
分りやすくご説明し、納得していただいた上で手続きが始められます。
多重債務状態なので報酬をお支払できるかどうか不安といった方には、費用を立て替えてくれる「法テラス」がご利用いただけます。

Sorry, the comment form is closed at this time.