複数の銀行から借入が膨らんでしまい、多重債務になってしまっても、債務整理の手続きを行うことで解決できるのをご存知ですか。
債務整理には任意整理・自己破産・個人再生・特定調停・過払い金請求の手続きがあります。
特徴は手続きによってまちまちとなっています。
任意整理は裁判所を通さずに専門家が任意で債権者と交渉を行います。
将来利息がカットされて、原則3年で返済できる額に認めてもらえることがあります。
利息制限法の引き直し計算を行い、過払い金が発生している場合は払いすぎた分が戻ってきます。
自己破産はすべての借金が免除されて、新生活を新たな気持ちでスタートできます。
ですがマイホームや99万円以上の現金、20万円以上の預金などほとんどの財産は失うことになります。
連帯保証人に請求がいってしまい迷惑がかかることになります。
自己破産する前に連帯保証人に説明をされることが大切となります。
個人再生では借金が大幅に減額された上で原則3年で返済できるようにしてくれる手続きです。
マイホームに住みながら返済ができるようになります。ギャンブルや浪費といった原因でも手続きが行えます。
再生計画案通りに3年の返済が終わればすべての債務が無くなります。
3年での返済が困難な場合は5年まで延長が可能です。
このように多重債務になってしまっても、返済が楽になる手続きがあるのです。
債務に関するご相談は無料で受け付けていますので、一人で悩まずにお早目に専門家にご相談ください。

Sorry, the comment form is closed at this time.