キャッシングを繰り返して多重債務になっても法律の力で解決が可能です。
弁護士事務所では借金問題に関する専門家が債務整理をお手伝いしています。
任意整理では将来利息のカットされた上で、3~5年程度の分割でお支払できるように債権者と交渉を行います。
債権者は少しでも回収したいために応じてくれる可能性が高くなっています。
裁判所は通さずに任意で債権者と交渉するために手続きが簡単になっています。
利息制限法の引き直し計算を行いますので、払いすぎた利息があれば返還されます。
個人再生は債務を大幅に減額してもらった上で、3~5年の分割でお支払いします。
任意整理より債務の減額が大きくなります。マイホームを残すことができるのも利点です。
自己破産は全ての債務を免除してもらえます。
しかしマイホームは失ってしまい、99万円までの現金、20万円以下の預貯金など必要最小限の財産しか残りません。
家族が住む場所を失ってしまいますし、連帯保証人にも迷惑をかけてしまいます。
ブラックリストに載ってしまい5~10年間は借り入れができなくなります。
浪費やギャンブルが原因の場合は自己破産はできません。
それぞれメリット・デメリットがありますので、専門家に相談して良く説明を聞いておくと良いです。
多重債務になっても自己破産以外の道があります。
弁護士に依頼した時点で債権者は取り立てできなくなります。
債権者との交渉は個人ではとても困難となります。
お早目に専門家へ相談してください。

Sorry, the comment form is closed at this time.