全国労働金庫協会、労金は多重債務で困っている方々の借金問題の解決に積極的に取り組んでいます。
弁護士や司法書士とのネットワークを構築し、多重債務相談デスクを設け、電話での相談やセミナーなどの啓蒙活動を行っています。その結果、多重債務者を救済する運動は着実に成果を見せ、労働組合員とその家族を対象に、高金利から低金利商品の借り換えを実施しています。
借り換えの条件としては三社以内の貸付、延滞がないこと、原則として150万円以下であることなどの条件が付きますが、基本的にはすべて、原則としての条件ですので、この条件に該当しない場合でも相談してみたほうがいいでしょう。
ただしこれまでの返済で遅れが生じていたり、トラブル等がある場合は、信用情報にその旨が残り、貸付を行うことが不可能になる可能性が高くなります。
借金の返済のためと、相談するのが嫌でフリーローンでまとめたいと考えている方が多いようですが、フリーローンの場合、保証料というものが付いてしまいます。他の金融機関よりは低めに設定されていますが、それでも低金利とは言えない利率になります。
そのためおまとめローンとは金利が異なり、結局金利的にはあまりかわらないということになってしまいます。
また借り換え促進だけでなく、多重債務やお金に関するトラブルが起こる前に防止するための学習会を積極的に実施し、一般労働者や高校生、大学生などの学生などを対象にお金に関する正しい知識を広める活動を行っています。
労金は労働者の様々な金銭的な問題に取り組んでいて、多重債務の救済もその問題の一環として積極的に支援しています。

Sorry, the comment form is closed at this time.